簡単な自己紹介

当方、25才で化学系の学部を卒業し、エンジニアという職に就きました。 知識も経験も足りていない状況ですが、少しでも技術力・人脈が広がるように活動してます。

入社前に触れたサービス・使った技術

入社前はブログやイラスト投稿サイトを作り、公開していました。 それらの過程で、以下で遊びました。

サービス

- GitHub
- Heroku
- Netlify
- Amazon EC2
- GitHub Pages

言語・フレームワーク・ライブラリ

- Ruby
- Rails
- JavaScript
- jQuery
- Vue.js
- BootStrap
- UIkit

その他

- RSpec
- FLOCSS
- Pay.jp API
- Recaptcha
- アジャイル開発
- Docker

入社後に触れたサービス・使った技術

入社後、Bot アプリや動画作成アプリ、コールセンターアプリ、YouTube 活動支援を経験しました。 それらの過程で以下で遊びました (個人で触れたものも入っています)。

サービス

- Amazon Connect
- Amazon S3
- AWS Lambda
- Amazon DynamoDB
- AWS CloudWatch
- Amazon CloudFront
- Amazon CloudFormation
- AWS Chatbot
- AWS Budgets
- Amazon ECS
- Amazon EC2
- Amazon RDS
- Amazon RDS Proxy
- CircleCI
- Pusher
- Cloudflare
- AWS Amplify

言語・フレームワーク

- Ruby
- Rails
- Sinatra
- Ruby on Jets
- Kumogata
- JavaScript
- Serverless Framework
- Vue.js
- React.js
- Electron Forge
- Gatsby.js
- Elder.js

その他

- LINE API
- Google OAuth
- Google Spread Sheets API
- Amazon Connect Stream API
- YouTube API
- Docker
- Adobe Premire Pro
- Adobe Photoshop

今年できるようになったこと

これらの経験を経て、できるようになったことは以下です。

- 先輩の支援を受けつつ、機能修正や新機能の追加ができるようになった
  (まだ、実装速度が遅いため改善が必要)
- 新しい技術を調べて、使うというやり方に抵抗感がなくなった
- 情報収集力が以前と比べ、格段に上がった

半年~1 年後にできるようになりたいこと

まだできていない部分を伸ばしていきたいです。 具体的には以下の部分を意識して、改善していく。

- 言葉で他人が理解できるように説明すること

これは慣れていないため、経験を積むことでできるようにしていきたい。 コロナが収まったら、発表会とかにも参加したい。

- 原因から結果が現れるという思考に慣れること

化学の場合、現象から原因を予想して、別の現象を引き出すという思考が多いと感じているため、考え方を変える必要がある。これは少し時間がかかりそう。

- 相手の状況や思想をトレースして物事を考えること

相手の立場に立ってものを考える。 これはすごく難しい。 相手の前提を予測して、その前提から何が見えるかを考えるのはサービス開発において必須だとも思う。 意識することでできるようにしていく。

X 年後どうしたいか

短期の目標は以上として、長期的に何を成し遂げたいか。

- できる人を増やすための仕組みを作りたい

会社を大きくするために不可欠な人材育成を将来的にしていきたい。 できる人をさらにできるようにするのは簡単だが、できない人を内側から変えてできる人にするのは難しいと感じる。 どうすれば、内発的にやる気を出させたり、学習意欲を増やすことができるのかは今後の課題だと思っている。

- 特定分野で有用なサービスをリリースしたい

特定分野ではよく使われるサービスを作りたい。 イラストとか創作をしている人を応援したい気持ちが強いため、そのあたりのサービスを将来的にリリースしたい。

- 特定の用途でよく使われるライブラリを開発したい

画像処理の ffmpeg のように、バージョン管理の git のように、○○ をするならこのライブラリを使うよね… というものを生きている間に何か 1 つは作りたい。

総括

将来やりたいことのために、今は目の前の課題を乗り越えて生きます。


コメント