このページ内容は2022年9月9日以降、再調査・再検証してません。実際に扱う際は最新の情報にアクセスしてください。

link
サービス編
link
Cloudflare R2

Cloudflare R2はCloudflareが提供するAWS S3互換のクラウドストレージで、Cloudflare Workersと連携でき、CDN Edge上でストレージの読み書き (PUT, GET, DELETE, LIST操作) ができますr2。ちなみに、AWS S3から移行するツールも提供するそうです。

利用料については以下のようになっており、AWS S3と異なり、データの取り出しが無料になってます。

    データの取り出し (エグレス料) は無料
    データ保存量1GBあたり月額0.015ドル (10 GBまでは無料)
    ストレージ操作は100万リクエスト以下は無料
      バケット作成、オブジェクト一覧表示、書き込み、変更は100万リクエストあたり 4.50 ドル、バケットから特定のオブジェクトを取得するときは、100万リクエストあたり0.36 ドル
link
Cloudflare D1

Cloudflare D1はCDN Edge上からアクセス可能なサーバレスデータベースですd1。Cloudflare D1自体はCDN Edge上にありませんが、読み取り専用のレプリカをCDN Edge上に配置でき、利用者の近くでDBアクセスが可能になります。まだ利用できませんが、D1へのアクセスはCloudflare Workersを利用して以下のようにアクセスできるそうです。

ちなみに、Cloudflare上でLitestreamを動かしてるのかなという感じがしますが、Litestreamとは別で作ってるそうですd1_litestream

1
import { Router } from 'itty-router';
2
const router = Router();
3
4
router.get('/product/:id', async ({ params }, env) => {
5
const { result } = await env.DB.get(
6
`SELECT * FROM Product WHERE ID = $id;`,
7
{ $id: params.id }
8
)
9
return new Response(JSON.stringify(result), {
10
headers: { 'content-type': 'application/json' }
11
})
12
})
13
14
export default { fetch: router.handle }

自己紹介
はじめまして Pilefortです。
東京でエソジニアをしてます。
興味のあるスタックは、JavaScript (React, Vue), TypeScript, Rust, WebAssembly, AWS, Pulumi, Serverless Frameworkです。
このブログでは、普段の業務や趣味で気になったことをまとめたり、フロントやAWS, GitHubやTwitterで見かけた面白い記事やニュースをまとめるためのものです。少しでも何かの役に立てば幸いです。
最近の活動
技術書典13 (2022.9.10 - 2022.9.25) で本を出しました。
2022年の1月から8月ぐらいまでに登場したり、大幅なアップデートがあったWebサービスや開発ツール、ライブラリ、フレームワークを紹介した本です。
うぇぶちぇんじろぐ2023part1
XMind8ファイルをMarkdownファイルに変換するツールを作りました。
公式のxmind-sdk-jsのバージョンを下げて作ってます (最新版だと一部メソッドが削除されてるため)。
技術書典12 (2022.1.22 - 2022.1.30) で本を出しました。
2021年に登場したり、大幅なアップデートがあったWebサービスや開発ツール、ライブラリ、フレームワークを紹介した本です。
うぇぶちぇんじろぐ2022
サイトマップ
Notes
業務や趣味での気づき・メモ
Scraps
雑記。ネットで見つけた面白い記事やニュース
Snippets
記事にするまでもないけど、便利なコマンドや豆知識
Works
同人誌一覧