このページ内容は2022年9月9日以降、再調査・再検証してません。実際に扱う際は最新の情報にアクセスしてください。

link
Rome Formatter

RomeはTypeScript, HTML, CSSなどのフォーマッターかつ、リンターかつ、バンドラーで、Babel, ESLint, Webpack, Prettier, Jestの代替を目指しているオールインワンツールです。この度、Rustでの再実装が進み、フォーマッターとしての機能が使えるようになりましたrome_formatter

上記の記事内ではPrettierとの比較をしており、処理速度が9-12倍 (ESLint, Webpack, TypeScriptのプロジェクトに対してリントした場合の速度)であり、エラーリカバリー (構文エラーがあっても、フォーマットが効く) を強化している点を強調してありました。VSCodeのプラグインとしても公開されてるので、すぐに試すことができますrome_formatter_vscode

link
Jest Preview

Jest PreviewというJestのデバッガーツールが登場しましたjest_preview。これを使うことで、実際の動きを見ながら、Jestのテストのデバッグができます。jest-previewからdebugをインポートして使えるので、複雑なUIのテストを書く際に役立ちそうです。こちらは、Stackblitzで試すことができますjest_preview_stackblitz

index.js
1
import { debug } from 'jest-preview';
2
3
describe('App', () => {
4
it('should work as expected', () => {
5
render(<App />);
6
debug();
7
});
8
});
link
Alfred5

スニペットやクリップボード履歴などで便利なAlfredのVersion 5がリリースされましたalfred5。ワークフローの強化とファイル移動やブラウザのダークモード化などができる自動タスクというものが追加されています。


自己紹介
はじめまして Pilefortです。
東京でエソジニアをしてます。
興味のあるスタックは、JavaScript (React, Vue), TypeScript, Rust, WebAssembly, AWS, Pulumi, Serverless Frameworkです。
このブログでは、普段の業務や趣味で気になったことをまとめたり、フロントやAWS, GitHubやTwitterで見かけた面白い記事やニュースをまとめるためのものです。少しでも何かの役に立てば幸いです。
最近の活動
技術書典13 (2022.9.10 - 2022.9.25) で本を出しました。
2022年の1月から8月ぐらいまでに登場したり、大幅なアップデートがあったWebサービスや開発ツール、ライブラリ、フレームワークを紹介した本です。
うぇぶちぇんじろぐ2023part1
XMind8ファイルをMarkdownファイルに変換するツールを作りました。
公式のxmind-sdk-jsのバージョンを下げて作ってます (最新版だと一部メソッドが削除されてるため)。
技術書典12 (2022.1.22 - 2022.1.30) で本を出しました。
2021年に登場したり、大幅なアップデートがあったWebサービスや開発ツール、ライブラリ、フレームワークを紹介した本です。
うぇぶちぇんじろぐ2022
サイトマップ
Notes
業務や趣味での気づき・メモ
Scraps
雑記。ネットで見つけた面白い記事やニュース
Snippets
記事にするまでもないけど、便利なコマンドや豆知識
Works
同人誌一覧