このページ内容は2022年9月9日以降、再調査・再検証してません。実際に扱う際は最新の情報にアクセスしてください。

link
ブラウザでLinuxを動かせるサイト登場

WebAssemblyを使い、ブラウザ上でDebianバイナリを実行できる仮想Linux環境が開発・公開されましたwebvm。ShellコマンドやLua, Node.js, Python3, Rubyを実行できます。また、Cのコードをブラウザ上でコンパイルし、動かすこともできるそうです (エラーが発生し動作確認できなかったので、スクショは載せてません)。

shellコマンドやrubyが動くことを確認

shellコマンドやrubyが動くことを確認

コア技術として、x86バイナリをWebAssemblyにJITコンパイルできるCheerpXというものを使っているそうですCheerpx。ちなみに、このCheerpXはブラウザサポートが切れたAdobe Flashを動かすために使われるもので、主要ブラウザで利用可能ですcheerpx_browser_support

link
ブラウザで動く Ruby, PHP, SQLite

ブラウザで動くようになったものは他にもあり、例えば、Ruby 3.2.0のPreview1からWebAssemblyのサポートruby320preview1が入り、ブラウザ上でRubyが動くようになりましたrubyplayground

他にもブラウザ上でWordPress (PHP + SQLite) を動かした例wordpress_in_browserやブラウザ上でPostgreSQLを動かしながら学べるサイトpostgres_in_browserも登場しました。ブラウザを開発環境として使うWebContainer (詳細はうぇぶちぇんじろぐ2021に記載) も昨年登場し、今後このようなものが増えていきそうです。


自己紹介
はじめまして Pilefortです。
東京でエソジニアをしてます。
興味のあるスタックは、JavaScript (React, Vue), TypeScript, Rust, WebAssembly, AWS, Pulumi, Serverless Frameworkです。
このブログでは、普段の業務や趣味で気になったことをまとめたり、フロントやAWS, GitHubやTwitterで見かけた面白い記事やニュースをまとめるためのものです。少しでも何かの役に立てば幸いです。
最近の活動
技術書典13 (2022.9.10 - 2022.9.25) で本を出しました。
2022年の1月から8月ぐらいまでに登場したり、大幅なアップデートがあったWebサービスや開発ツール、ライブラリ、フレームワークを紹介した本です。
うぇぶちぇんじろぐ2023part1
XMind8ファイルをMarkdownファイルに変換するツールを作りました。
公式のxmind-sdk-jsのバージョンを下げて作ってます (最新版だと一部メソッドが削除されてるため)。
技術書典12 (2022.1.22 - 2022.1.30) で本を出しました。
2021年に登場したり、大幅なアップデートがあったWebサービスや開発ツール、ライブラリ、フレームワークを紹介した本です。
うぇぶちぇんじろぐ2022
サイトマップ
Notes
業務や趣味での気づき・メモ
Scraps
雑記。ネットで見つけた面白い記事やニュース
Snippets
記事にするまでもないけど、便利なコマンドや豆知識
Works
同人誌一覧